奈良県|造園|ガーデニング|エクステリア|外構|庭師|植木屋|樹木医|庭の手入れのことならコハル・タック・プラン

qrcode.png
http://koharutac.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

コハル・タック・プラン
〒636-0217
奈良県磯城郡三宅町但馬485-1
TEL:090-4568-0660
FAX:0745-49-0141
------------------------------
造園
樹木医
一級造園施工管理技士
一級土木施工管理技士
一級建築施工管理技士
二級建設経理士
二級福祉住環境コーディネーター
------------------------------
 

ブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
石という素材
2015-08-31
石、それは世界の記憶!
石について深く考えたことはなかったんだけど、よくよく考えてみると石って過去から手紙みたいな感じがしませんか?
 
 
なにを言っているんだこいつは???
と思ったみなさん静粛に!ここ大事なところです。とりあえず戻るボタンは押さずに優しく見守っていただきたい。
今回は前回の記事の続きとして石についてお話したいと思います。
 
 
岐阜県にある飛騨川という場所には20億年前の片麻岩が眠っていたそうです。
これは日本列島の生い立ちに深く関わるモノだそうで、大層貴重な石らしいですよ。
 
もっとイメージしやすく噛み砕くと、戦国時代とかのお城に石垣というモノのありますよね?
自然の力によって形成されたインパクトと風格にゾクゾクしちゃったりします。
 
 
私達の生まれるもっと以前から存在し、人の生活に関わり見守ってきた石は言わば過去からのメッセージ!
こう繋がるわけです。
 
我らが奈良県ですと生駒石というモノが採掘されます。
前回お話した坪庭とかですと景石や灯篭、敷石(くつ脱ぎ石)などに使われたりしていますね。
 
性質としては、鉄やマグネシウム含んでおり比較的重く、鉄分が地表で雨などに曝されて酸化した結果「さび」が生まれ独特の黒褐色をしています。
 
 
あとは玉石というのもあります、これは直径5センチくらいの大きさの小さな石でガーデンパンやコンクリートのスリット
もちろん坪庭にもアクセントとして使用したりなど幅広く活躍します。
 
 
さて、石にはまだまだたくさん種類があるんですが前回と今回、続けて和に関連する話をしたので
次回は洋風な庭とそれに使われる石についてお話をしたいと思います。
 
ではまた次回!
 
 
さらば夏!
2015-08-23
 お盆休みも終わり、季節は順調に秋へと移り変わっていってますね!
 
ここ最近、秋の気配をじわじわと感じ始めています。
まず!暗くなるのが早くなってきましたね。
 
朝晩共に少し肌寒いと感じる時もしばしば・・・。
 
 
人によっては!
お願いだ夏・・・行かないでくれ・・・!
 
と、別れを惜しんでいる人もいらっしゃるでしょうが、そりゃもう私ぐらいになればもう帰ってくるんじゃねぇぞ?
と、刑務所から送り出す看守さんの如きアルカイックスマイルで別れを告げてやりましょう。
 
 
そんな私、先日橿原にある某温泉施設へと赴きました!
お店の入り口には和を感じさせる庭!
 
植木やアプローチも和を感じさせる作りをしているのですが、やはりなにが一番風情が出るかというとそれは竹垣!
 
いやぁ竹垣っていいですよねぇ。もうあれぞ和!
やはり日本人というところか、竹垣などの和に連なる材料を見ると心が和む!
 
 
竹垣にも種類があり、使用用途による分け方をすると囲垣・仕切垣というのがあります。
囲垣は敷地内の周辺を塀がわりに用いたりしますし、仕切垣は庭内の仕切りが目的だったします。
 
他にも見通しによって分類化されたりと種類が多いです。
自然素材の竹垣ならば朽ちるというデメリットもありますが、それまでの変化を楽しむこともできます。
 
 
自然素材の竹垣「ならば」
と先ほど書きましたが、ここ最近ではプラスティック製の竹垣などもあります!
こちらに関しては柱がアルミで、竹材がプラスティックなので半永久的に使える!
 
といったように色んな楽しみ方ができます。
 
 
洋風の家でも和室にある掃き出し窓から小さい坪庭を造るというをされるお客様も多いので
興味があれば検討されてみてはいかがでしょうか?
 
 
坪庭といえば石!石にも種類があるのですが・・・それはまた今度にしておきましょう。
 
それではみなさんまた次回!
 
厳禁です!
2015-08-06
夏日・真夏日・猛暑日
 
夕方のニュースなどでメガネのおじさんや若いお姉さんが
「本日は真夏日でした!」
と聞いたことは誰でもあるかもしれませんが、これの違いを知ってらっしゃる方は以外と少ない!
 
 
と思います。(自己判断)
 
 
 
【夏日】   1日の最高気温が摂氏25度以上(30度未満)の日
【真夏日】1日の最高気温が摂氏30度以上(35度未満)の日
【猛暑日】1日の最高気温が摂氏35度以上になる日
 
こういうことになっているそうです。
 
私からしたら暑いにランク分けなんてどうでもいいだろ!って感じです。
どれだけ言い方を変えようが夏の暑さからは誰も逃れられないのです。(夏嫌い)
 
 
夏の暑さからは逃れられない・・・そう、それは植木も同じこと!
むしろ我々は自分から進んで水を飲むことが出来ますが植木はそうはいきません。
お水をたっぷりあげないとあの世行き待ったなし!私達とは違って仙豆も効かないし上にドラゴンボールで生き返らせることも不可能!
 
ですのでこの夏を乗り切るには皆さんが愛情を持ってお水をあげなければなりません。
緑というのは庭にとって非常に大きな役割を担っているので、ケッ、やってらんねーぜ!
とやさぐれずに頑張ってください。
 
 
 
「でも、お水ってどうあげればいいんだろ・・・」
 
 
そんなアナタにコハル・タック・プラン!
お水をあげるにもちゃんと方法があります。それを今日は説明します。
まず、夏に関しては朝と夕方以降の2回、お水をあげてください。
 
あれ?一番暑い時間にお水をあげなくて大丈夫なの?とお思いかもしれませんが、日中での水遣りは厳禁です。罰金とられます、厳禁(現金)だけに。
 
・日中に水をやると、葉についた水滴がレンズの役目をして、葉に斑点上の焼けを起こしてしまったりします。
 
・土の温度が高くなっているので冷たい水をあげると急激な温度の低下で、根の活動を休止してしまう。
 
などなどの理由があったりします。
 
朝に水をあげる場合は午前9時まで、夕方は午後5時以降がベスト。
植木も我々と同じ生き物なので大切に、愛情をもって接してあげてください。適当に接するのは厳禁です。罰金とられます、厳禁(現金)だけに。
 
 
夏=コハル・タック・プラン
2015-07-29
 夏だ!海だ!コハル・タック・プランだ!
 
 
夏。
それは時に人を解放的にさせるもの。
夏休み明けの2学期最初の登校日、少し垢抜けた同級生やイメチェンした子がいませんでしたか?
 
 
そう、彼らは冒険をしたのです!
 
 
それは今の時代も変わらず、良し悪しは別として夏休みに色々なことにチャレンジする人が少なからずいたりします。
かく言う私もこの夏にレベルアップを図っている所存であります。
 
それはパソコンについてもっと詳しくなる!
 
ということなんですよねぇ。
今パソコンのあれやこれやについて勉強している段階ではあるのですが、いかんせん手探り状態で日々苦戦しております。
 
 
と私の話は置いておいて営業日記に戻りましょう。
まぁぶっちゃけたお話、この夏に一つ垢抜けてみませんか?というお話なわけです。
しかも季節は夏!夏といえばリゾート!リゾートといえばコハル・タック・プラン!
この夏休み!庭をリゾート風にしてみませんか!?
 
 
っと!少し勝手に盛り上がってしまいました。
流石にリゾートといえばコハル・タック・プラン!というのは荒唐無稽すぎました。
 
しかしそのような冗談を言えるだけの【知識・経験・実績】があります!
頭の中でこういう庭にしたい!とイメージはあるが難しそうだし予算も厳しいから諦めよう・・・。
ではなくまずはご相談ください。お客様のイメージに最大限近づくよう一緒に考えさせてもらいます!
 
 
ということで!今回の営業日記はおしまいです!
今回もなかなかグイグイと攻めるタイプの日記でしたね、コハル・タック・プランは恐れを知らない!
 
 
 
そして最後に!
 
な、なんと!商品説明のページにオリジナル商品の項目を追加いたしました!(キャー!)
ウリン材という木を使って世界に一つだけの庭を造りませんか?という内容となっております!
 
こちらのウリン材、実は諸外国の庭どこにでも馴染む非常に優れた木材ですので、
興味がありましたらそちらのページをご覧になっていただけると嬉しいです!一生懸命書きました!(ドヤ)
 
それではみなさんまた次回お会いしましょう!
 
 
 
【コハル・タック・プラン豆知識】
 
熱中症予防には牛乳が効果的!
 
グリーンカーテン
2015-07-23
どうも皆さんこんにちは!金丸です!
 
暑いですね!こんなときにはアレですよね!
 
 
 
 
そう、ゴーヤのグリーンカーテンです!
 
先日、今流行りの(?)グリーンカーテンを会社に導入しました!
 
グリーンカーテンは、直接日差しを遮るだけでなく、葉からの気化熱で室内の温度の上昇
 
を防ぐ効果があります。
 
まさに生きた植物ならではですね!
 
ちなみに、グリーンカーテンがあるのとないのとでは、窓側だと10℃の差があるそうです。
 
鑑賞してよし、食べてよし、涼しさよし、の三拍子そろっています!
 
日に日に大きくなっていく葉や実を見るのは楽しいですよ~
 
暑い夏を乗り切るために、いかがでしょうか?
 
(写真の左下にもゴーヤが写っています・・・が、熟れてしまって綺麗な蛍光オレンジ色に・・・)
 
 
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<コハル・タック・プラン>> 〒636-0217 奈良県磯城郡三宅町但馬485-1 TEL:090-4568-0660 FAX:0745-49-0141